「仲介機関」の必要性指摘‐再生医療の他家細胞入手で

「仲介機関」の必要性指摘‐再生医療の他家細胞入手で

出所:2015-05-22 薬事日報

経済産業省は19日、「再生医療の産業化に向けた原料細胞の入手等に関する調査報告書」をまとめ公表した。再生医療製品の原料として、ヒト他家細胞を安定的に入手するため、細胞提供者と採取医療機関、再生医療企業の間に立ち、医療機関の負担を減らす仲介機関の必要性を指摘している。経産省は、再生医療製品を開発するため手術摘出物等から他家細胞の入手を検討する企業を支援し、他家細胞利用の実例を積み重ねていきたい考え。

記事の全文はコチラ

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top