「商業主義が行きすぎたか」STAP騒動は「ネイチャー」にも問題…日本のトップ3が明かした …

「商業主義が行きすぎたか」STAP騒動は「ネイチャー」にも問題…日本のトップ3が明かした …

出所:2015-05-04 産経ニュース

人工多能性幹細胞(iPS細胞)による再生医療をはじめ、目覚ましい発展を続ける日本の医学・医療。昨年には世界初となるiPS細胞の臨床研究で実際の移植手術が行われるなど、未来の医療は現実になりつつある。一方、近年はSTAP細胞をめぐる一連の問題に代表される深刻な研究不正が世間の耳目を集めることも少なくない。これからの医学・医療はどこへ向かい、私たちにはどんな未来が待っているのか。社会に大きな衝撃を与えたSTAP細胞の問題とは一体、何だったのか。関西を代表する3人の医学者に「本音」を聞いた。

記事の全文はコチラ

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top