「iPS創薬」の動き、日本でも本格化 武田薬品と京大が連携、200億円プロジェクト

「iPS創薬」の動き、日本でも本格化 武田薬品と京大が連携、200億円プロジェクト

製薬国内最大手の武田薬品工業と、ノーベル賞受賞者、山中伸弥氏が所長を務める京都大iPS細胞(人工多能性幹細胞)研究所が2015年4月17日、iPS細胞を活用して心不全や糖尿病などの治療を行うための共同研究契約を締結したと発表した。
詳しくはコチラ

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top