ひざの軟骨の再生医療 第三者の細胞も視野

ひざの軟骨の再生医療 第三者の細胞も視野

出所:2015-05-08 朝日新聞

ひざの軟骨がすり減って、悪化すると歩行も困難になる「変形性膝(しつ)関節症」。痛みに悩むお年寄りは多いが、自分の細胞を使って軟骨を再生させる治療法の研究が東海大医学部(伊勢原市)で進んでいる。第三者の細胞やiPS細胞を使った医療も視野に入りつつある。

記事の全文はコチラ

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top