テラの第1四半期は細胞医療事業の症例数増加、医療支援事業の好調により大幅増収

テラの第1四半期は細胞医療事業の症例数増加、医療支援事業の好調により大幅増収

出所:2015-05-06 財経新聞

テラの15年12月期第1四半期は、細胞医療事業における症例数の増加に加え、医療支援事業が好調に推移したことから大幅増収となった。利益面については、医薬品事業において開発費用が先行していること等から赤字継続となったが、営業・経常利益の赤字幅は減少している。第1四半期連結業績は、売上高6億40百万円(前年同期比95.0%増)、営業利益△84百万円(前年同期△1億06百万円)、経常利益△93百万円(同△1億23百万円)、純利益△96百万円(同△84百万円)であった。同社の事業は、細胞医療事業、医療支援事業、医薬品事業の3事業に分かれている。

記事の全文はコチラ

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top