ディナベック、iPS細胞作製試薬の商業使用でのライセンスを撤廃、半額以下のアカデミック価格を設定

ディナベック、iPS細胞作製試薬の商業使用でのライセンスを撤廃、半額以下のアカデミック価格を設定

出所:2013-09-25 日経バイオテク

ディナベック(茨城県つくば市、長谷川護社長)は、iPS細胞作製用に販売している試薬「CytoTune-iPS」の利用を拡大するため、これまで商業用途で利用するユーザーと締結していたライセンス契約を撤廃することを決めた。また、現行価格の約半額となる、アカデミック価格を設定した。2013年9月20日に同社の長谷川社長が本誌の取材に応じた。

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top