ニコン、新会社「ニコン・セル・イノベーション」設立 再生医療細胞生産事業に参入へ

ニコン、新会社「ニコン・セル・イノベーション」設立 再生医療細胞生産事業に参入へ

ニコンは7日、再生医療向け細胞生産で世界最大手のLonza(以下、ロンザ)と業務提携を締結し、100パーセント出資の新会社「ニコン・セル・イノベーション」を設立すると発表した。ニコンは2007年より、インストルメンツ事業においてiPS細胞をはじめとしたライブセル(生きた細胞)向けの細胞培養観察装置「BioStation CT」の製造販売を展開してきた。今回の細胞受託生産事業参入は、体性幹細胞等の細胞生産ノウハウの基礎を習得し、将来のiPS細胞の再生医療の実用化に向けた取り組みを推進するねらいだ。

記事の全文はコチラ

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top