2013年 注目の新規上場案件

日本の新規株式公開(IPO)は、2009年から3年連続で増加しましたが、ネットバブルに沸いた2000年の204社の4分の1以下の水準となっています。2013年で注目の新規上場案件は、の一つは、国が全面的にバックアップして推進することが決定している再生医療関連株でしょう。そして以下の報道の通り、いよいよ明日、iPS関連企業であるリプロセル社が上場されます。おそらく、当面は売値がつかないでしょう。

リプロセル、26日にジャスダック上場=iPS細胞由来の製品販売など

2013-06-26 時事通信社

IPS細胞由来の製品や試料を研究機関や製薬会社に販売するリプロセルが6月26日にジャスダックに上場する。調達資金はiPS事業の設備投資、研究開発、海外展開に充てる。

やはり、国民全体の健康に影響のあるベンチャー企業ですので、仕手筋やデイトレーダー的な視点ではなく、中長期的な視点にたった投資対象となることを望みたいものです。
再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top