ローツェが大幅反発、自動細胞培養システム向けソフトを開発

ローツェが大幅反発、自動細胞培養システム向けソフトを開発

出所:2013-11-26 株探

25日、ローツェが、iPS細胞をはじめとする自動細胞培養を実現するためのバイオ・オートメーション用スケジューリング・ソフトウェアパッケージ「AsuRa」(アシュラ)を開発したと発表したことが買い材料。10年11月に関連会社と共同開発したインキュベーター(細胞培養装置)「スケール120」に続き、「AsuRa」では細胞培養処理の一段の自動化を目指し、あらかじめ定められた培養スケジュールや条件に基づき、インキュベーターを含めた複数の周辺機器をリアルタイムに制御しながら細胞培養処理を行う。研究者は複雑な環境下でも全自動で、かつ効率的にiPS細胞をはじめとする細胞を培養することが可能になるという。実用化に向けてiPS細胞の研究が加速する中、細胞培養の効率化をもたらす同ソフトやインキュベーターの需要拡大に期待する買いが向かった。

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top