京大、キャンパスに産学連携拠点 パナソニックなど40社超入居

京大、キャンパスに産学連携拠点 パナソニックなど40社超入居

出所:2015-05-26 日本経済新聞

京都大学は京都市の吉田キャンパスに産学連携の拠点「国際科学イノベーション棟」を建設し、25日に開所式を開いた。レンタルラボ(研究・実験室)やレンタルオフィスに、パナソニックやアークレイ、堀場製作所など40社を超す企業が入居するほか、国内外の他大学も参加する。産学の「知」を結集し、省エネシステムや介護用センサー装置、先端医療技術を研究開発する。アークレイはサテライトラボを開設し、iPS細胞の培養装置など再生医療機器を開発する。

記事の全文はコチラ

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top