京大 妊婦のお腹 皮膚が急速に広がる仕組みを解明

妊娠時に腹部が大きくなり皮膚が伸びたようになるのは、化粧品メーカーなどによって研究が進められている「表皮幹細胞」が重要な役割をはたしていることが分かった。

妊婦のお腹、細胞増殖で皮膚広がる 京大グループがマウスで仕組み解明

出所:2017-09-11 産経デジタル

妊娠して腹部が大きくなり皮膚が伸びたようになるのは、高い増殖能力を持つ細胞集団が現れて細胞が増え、新たな皮膚が作られるから-。こうした研究結果を京都大の豊島文子教授(細胞生物学)らのグループがマウスを使った研究で発見し、11日、英科学誌電子版に発表した。

伸びたようになった皮膚の細胞は、肌表面の表皮角化細胞を生み出す「表皮幹細胞」が変化してできており、妊娠していないマウスの腹部の皮膚には、この細胞が現れなかった。今回は、マウスによる研究結果だが、人間の皮膚でも同じような仕組みが働いている可能性がある。この細胞はマウスの皮膚が傷ついたときにも現れ、傷の治りを早めることも分かった。今後、ケガの治癒期間を早めたり、老化を防ぐ技術の開発につなげることを目指している。
 
再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top