臨床化の大本命 他家細胞による臨床研究が開始

より多くの患者が再生医療を受けられるようになるため、治療費のコストダウンが喫緊の課題である。

他人のiPS、目の難病で移植 再生医療の本命

理化学研究所などは28日、他人から作って備蓄しておいたiPS細胞を使う再生医療の臨床研究を実施した。目の難病患者に、iPS細胞から育てた網膜の細胞を移植した。患者本人のiPS細胞を使った1例目より準備期間を短くできた。費用も10分の1以下にできる。備蓄細胞は必要なときにすぐ使える利点もあり、再生医療の本命方式とされる。日本発の治療の普及につながると期待が集まる。

本研究により、他家のiPS細胞を使った治療の「ガン化の可能性や免疫抑制方法など」の研究が進むことになりそうだ。
再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top