先端技術とルール(中)再生医療──ジレンマ 追い風と旧弊のはざまで

先端技術とルール(中)再生医療──ジレンマ 追い風と旧弊のはざまで

出所:2014-12-12 日本経済新聞

世界の再生医療企業の目が日本に向いている。11月に医薬品医療機器法(旧薬事法)と再生医療等安全性確保法が同時に施行され、ビジネス拡大への期待が高まっているからだ。米ナスダック上場のバイオ企業、プルリステム・セラピューティクス(イスラエル)。「再生医療の商業化に向け日本は世界で最も早い軌道にある」と共同開発相手を探している。英国からは来年1月、医療関連企業のミッションがやって来る。制度改正により、日本では安全性が確認できれば、有効性が推定される段階でも再生医療品は事業化承認を得られる。製品化を急ぐ企業には格好の追い風だ。
記事の全文はコチラ

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top