再生医療の新法成立=幹細胞治療の安全確保

再生医療の新法成立=幹細胞治療の安全確保

出所:2013-11-20 時事通信社

細胞のもとになる幹細胞を用いた治療を安全、迅速に行うための再生医療安全性確保法と改正薬事法が20日の参院本会議で可決、成立した。まだ医療応用が始まっていない人工多能性幹細胞(iPS細胞)なども対象になる。再生医療安全性確保法は、医療機関にリスクに応じた再生医療の実施計画を厚生労働省に提出させ、無届けや虚偽が判明すれば治療停止を命じられるほか、罰則もある。これまで、一部で効果が不明瞭な幹細胞を用いた自由診療があったが、同省が実態を把握できるようになる。

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top