再生医療の関連機器、50年に15兆円 非・医療企業の関心高く

再生医療の関連機器、50年に15兆円 非・医療企業の関心高く

経済産業省によると、2012年に1000億円だった再生医療の世界の市場規模は、50年には38兆円まで膨らむ。細胞を培養する装置などの関連市場も12年の2400億円から50年には15兆円まで拡大する見込みだ。iPS細胞は、将来的にそのけん引役となる可能性を秘める。市場の拡大をにらみ、医療や素材、機械などの分野で企業の参入が相次いでいる。くわしくはコチラ・・・

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top