再生医療の革新に期待=加藤副長官

再生医療の革新に期待=加藤副長官

出所:2014-01-30 時事通信社

加藤勝信官房副長官は30日午前の記者会見で、刺激を与えるだけでさまざまな細胞になる万能細胞「STAP幹細胞」の作製成功に関し、「将来の革新的な再生医療の実現につながり得るものと大変期待している」と語った。

また、研究を主導した理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子さんについて、「30歳の若い女性が力を発揮していることは本当に素晴らしい」と称賛。「こうした革新的な基礎研究の成果を生み出し続けていただけるよう、再生医療の実用化に向けた取り組みをしっかりと進めていきたい」と述べた。

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top