再生医療:危険性の説明不十分 院長らに賠償命令

再生医療:危険性の説明不十分 院長らに賠償命令

2015-05-15 毎日新聞

脂肪から取り出した幹細胞を使った「再生医療」の副作用について十分な説明がないまま治療されたとして、兵庫県の女性(70)が東京都渋谷区の「さくらクリニック」の院長と担当医師(当時)に慰謝料など634万円の賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は15日、院長らに184万円の支払いを命じた。森冨義明裁判長は「未確立な治療を受けるか否かを決めるのに十分な説明がされていない。治療方法の選択決定権を侵害した」と批判した。

記事の全文はコチラ

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top