医療用iPSを秋にも提供…京大研究所

医療用iPSを秋にも提供…京大研究所

出所:2015-04-30 読売新聞

京都大iPS細胞研究所は28日、患者本人以外の人から作製し、保存している医療用のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を、今秋にも医療機関などに提供できる見通しが立ったと発表した。

 患者本人の細胞から作る手間やコストの削減につながると期待され、同研究所は「iPS細胞を用いた再生医療に弾みがつく」としている。

記事の全文はコチラ

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top