厚生労働省さい帯血関連情報の特設ページ作成

厚生労働省は、同省サイト内に『赤ちゃんを出産予定のお母さんへ(さい帯血関連情報)』という特設コーナーを作り、情報提供を開始した。さい帯血移植の基礎的な知識から公的臍帯血バンクと民間臍帯血バンクの違いや届け出のあった民間さい帯血バンクへのリンクなど、国民が混乱しないよう分かりやすい内容となっている。

厚生労働省さい帯血関連情報の特設ページ作成

出所:2017-09-14 厚生労働省特設サイト

厚生労働省は、無届で再生医療治療を行った民間さい帯血バンク関係者や医師らが逮捕された事件にともない、12日、『赤ちゃんを出産予定のお母さんへ(臍帯血関連情報)』という特設ページを作り、情報提供を開始した。主なコンテンツは、以下の通り。
臍帯血移植と造血幹細胞移植法について
臍帯血供給事業者(公的さい帯血バンク)とは
臍帯血プライベートバンク(民間さい帯血バンク)とは
Q1 公的さい帯血バンクと臍帯血プライベートバンクは何が違うのですか
Q2 臍帯血を公的さい帯血バンクに提供したい場合はどうしたらいいですか
Q3 将来白血病などになった時のために、出産の際に自身で臍帯血を保存した方がいいですか
Q4 臍帯血プライベートバンクで自己保存した臍帯血を使って、どのような治療が行われていますか
赤ちゃんを出産予定のお母さんへ
届け出のあった臍帯血プライベートバンク一覧

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top