富士フイルム、そのエクセレントな転地経営 非連続事業を取り込み、絶大な相乗効果

富士フイルム、そのエクセレントな転地経営 非連続事業を取り込み、絶大な相乗効果

出所:2015-04-30 Business Journal

4月新年度に入り、富士フイルムホールディングス(HD)が快調に株価を伸ばしている。9日の終値は4630円と3日連続で続伸、年初来の高値を付けた。最大の材料は3月末に発表したiPS細胞の開発・製造大手の米セルラー・ダイナミクス・インターナショナル社(CDI)の買収だ。買収額は3億700万ドル(約368億円)で4月下旬に公開買い付けを完了する予定としていた。CDIの買収によって、iPS細胞を分化させてヒトの臓器や心筋細胞を作製し、開発候補物質の薬効や副作用を調べる創薬支援事業にも参入する。

記事の全文はコチラ

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top