富士フイルムがCiRAと共同研究開始‐iPS細胞用いAD治療薬

富士フイルムがCiRAと共同研究開始‐iPS細胞用いAD治療薬

出所:2014-04-01 薬事日報

富士フイルムは3月27日、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)とiPS細胞を用いたアルツハイマー型認知症(AD)治療薬「T‐817MA」に関する共同研究を3月より開始したと発表した。AD患者由来のiPS細胞から分化誘導させた神経細胞を使って同剤の有効性を予測するバイオマーカーの特定や、新たな臨床試験の方法の確立を目指す。従来のiPS細胞を使った創薬研究では、分化・誘導して疾患標的細胞を使用して培養皿の中でデータを取得するだけにとどまっていたが、今回の共同研究は培養皿の中のデータを臨床試験データと付き合わせて解析する新たな創薬アプローチだ。

詳しくはこちら

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top