富士フイルム:iPS細胞の開発製造のリーディングカンパニーの株式公開買付けが成立

富士フイルム:iPS細胞の開発製造のリーディングカンパニーの株式公開買付けが成立

富士フイルムホールディングス株式会社(社長:中嶋 成博、以下 当社)は、米国東部時間2015年4月3日よりiPS細胞の開発・製造のリーディングカンパニーであるCellular Dynamics International, Inc.(CEO:Robert Palay、本社:米国ウィスコンシン州マディソン、米国NASDAQ上場、証券コードICEL、以下 CDI社)の発行済普通株式に対する1株あたり16.5米ドルでの株式公開買付け(以下、本公開買付け)を実施しておりましたが、本公開買付けの期間が2015年4月30日23時59分(米国東部時間)をもって満了し、本公開買付けが成立いたしましたので、下記のとおり結果をお知らせいたします。今後、必要な手続きを完了させて、2015年5月1日(米国東部時間)にCDI社を完全子会社化する予定です。

記事の全文はコチラ

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top