幹細胞に光照射で神経=マウスで制御技術開発-再生医療実現へ加速・京大

幹細胞に光照射で神経=マウスで制御技術開発-再生医療実現へ加速・京大

出所:2013-11-01 時事通信

マウスの神経幹細胞が自ら増殖するか、各種の細胞に変わるかを制御する遺伝子の仕組みを解明し、光を照射して神経細胞に変える技術を開発したと、京都大の影山龍一郎教授や今吉格特定准教授らが1日、米科学誌サイエンス電子版に発表した。
この技術は血液の各種細胞を生み出す造血幹細胞など、他の幹細胞にも応用できる可能性があり、難病患者に必要な細胞を生み出す再生医療の実現が加速すると期待される。

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top