タイで膝軟骨欠損を治す再生医療の臨床研究を開始へ

武庫川女子大学の脇谷滋之教授は、自家骨髄間葉系幹細胞による軟骨損傷の再生医療を実施しており、信州大学や大阪市立大学などでの臨床応用研究数は約50に達している。今回、膝の軟骨欠損を治す臨床研究をタイで行う計画となっており、経済産業省所管の独立行政法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」が支援することになっているのだが、下記の記事によれば、数カ月先に実際に開始される模様である。

日本発の軟骨再生医療、タイで臨床試験を開始へ、合弁設立し承認取得も視野

出所:2014-01-20 日経バイオテクノ

日本で開発された再生医療技術の臨床試験が、1、2カ月以内にタイで開始されそうだ。

詳しくはコチラ

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top