歯髄細胞による再生医療

歯髄細胞による再生医療

出所:2013-10-10

これまで捨てるしかなかった、乳歯や親知らず。これらの歯が今、再生医療に役立つ貴重な「お宝」に変わろうとしています。お宝とは歯の中にある「歯髄細胞」。いわゆる「歯の神経」と呼ばれる部分です。この歯髄細胞が、再生医療の重要な素材になることがわかってきました。

再生医療の主役「幹細胞」は、体のさまざまな部分をつくるもとになる細胞、いわば「細胞のタネ」です。病気やけがで体が傷つくと、この幹細胞がはたらいて修復・再生をうながします。幹細胞には「体性幹細胞」や、人工的につくられる「iPS細胞」、受精卵から取り出す「ES細胞」などがあります。

詳しくはコチラ

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top