社債購入で詐欺未遂 愛知県警、容疑者逮捕

社債購入で詐欺未遂 愛知県警、容疑者逮捕

2015-05-14 中日新聞

愛知県警常滑署などは14日、詐欺未遂の疑いで、住所不詳の自称ホスト飛田悠介容疑者(22)を逮捕したと発表した。逮捕容疑では、他の人物と共謀して3月上旬、常滑市の女性(77)方に「ネクストサイエンスラボ」という実在しない再生医療関連企業のパンフレットや社債購入の書類を送付し、今月12、13日に複数回、「別の人があなたの権利を欲しがっている。1千万円で社債を買えば、後で3千万円で買い取る」などと電話し、現金をだまし取ろうとしたとされる。「弁護士が来るまで話さない」と容疑の認否を保留している。

記事の全文はコチラ

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top