移植用細胞から未分化ヒトiPS/ES細胞を除く技術を開発、再生医療のリスク低減へ

移植用細胞から未分化ヒトiPS/ES細胞を除く技術を開発、再生医療のリスク低減へ

出所:2015-04-30 @IT MONOist

産業技術総合研究所は2015年4月10日、移植用細胞から腫瘍を引き起こすヒトiPSやヒトES細胞を除く技術を開発したと発表した。同研究所創薬基盤研究部門の舘野浩章主任研究員、平林淳首席研究員、幹細胞工学研究グループの小沼泰子主任研究員、伊藤弓弦研究グループ長らによるもので、和光純薬工業と共同で行われた。

記事の全文はコチラ

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top