続伸、再生医療用細胞の加工施設新設を好感

続伸、再生医療用細胞の加工施設新設を好感

出所:2013-12-03 サーチナ

メディネットは3日続伸し、朝方に3000円高(6.17%高)の5万1600円を付ける場面があった。2日引け後、再生・細胞医療用の細胞加工施設を新設すると発表した。11月20日の再生医療法などの成立により、企業が再生・細胞医療用の細胞加工が受託できるようになったことを受けて、施設の新設と細胞加工業の拡大を目指すとした。

新施設は東京都品川区で、延べ床面積は2990.5平方メートルと、同社が現在管理している臨床用細胞加工施設のなかで最大の新横浜CPCの約7倍の広さ。設備投資額は15億円を予定。医療分野の物流改善を手掛ける鴻池メディカルが管理する免震構造の建物を一部分賃借することで、土地購入や建設などの投資コストを削減した。施設の完成時期は2014年後半、本格稼動は2015年前半になる見通し。

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top