阪大、遺伝性がんの発症構造を解明へ iPS細胞使い

阪大、遺伝性がんの発症構造を解明へ iPS細胞使い

大阪大学の石井秀始教授らは、iPS細胞を活用して親から子へ遺伝する確率が高いタイプの大腸がんの発症メカニズムを解明する。患者の細胞から作ったiPS細胞にある遺伝情報を調べたり、iPS細胞を大腸の細胞に成長させてがん化する様子などを観察したりして、新薬の開発も目指す。「家族性大腸腺腫症」といった遺伝性の大腸がんでは、原因遺伝子が分かっている。

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top