高精度で細胞選別=再生医療に活用期待?京大iPS研

高精度で細胞選別=再生医療に活用期待?京大iPS研

出所:2015-05-22 時事通信

人工多能性幹細胞(iPS細胞)などから変化させた細胞を、種類ごとに高精度で選別する方法を開発したと、京都大iPS細胞研究所の三木健嗣研究員らのグループが発表した。再生医療や創薬で大量に細胞が必要な場合など、幅広く活用が期待できるという。論文は21日付の米科学誌セル・ステムセル(電子版)に掲載された。

記事の全文はコチラ

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top