iPS細胞の作成効率向上なくして実用化なし

iPS細胞による再生医療で重要な課題の一つは、iPS細胞の作成効率だと言われています。当然、作成効率が低ければ、作成に時間もかかるし、お金も人も必要となります。結果として創薬や治療法の開発に関する研究や実験にも大きな影響が出てしまいます。つまり、実用化するためには今以上に効率的に作成しなければならないこと大きな課題であることは自明なのです。以下のニュース報道によると山中さんが最初に見つけた四つの遺伝子(山中4因子)を導入する手法では0・2%にとどまるそうです。

iPS作製、初期化の逆戻りが壁に 京大・山中教授ら発表

2013-06-25 京都新聞

iPS(人工多能性幹)細胞の効率的な作製のためには、初期化を逆戻りさせるメカニズムを排除することが重要なことを、京都大iPS細胞研究所の山中伸弥教授や高橋和利講師、田邊剛士研究員らが突き止め、米国科学アカデミー紀要で25日発表する。

iPS細胞の作製効率は非常に低く、山中教授が最初に見つけた四つの遺伝子(山中4因子)を導入する手法では0・2%にとどまる。山中教授らは遺伝子Lin28など2因子を加えた手法を確立、この6因子が初期化でどのように働くのか調べた。

山中4因子を人の皮膚細胞に入れて、初期化の指標となる遺伝子TRA1―60が働いているかどうかを見ると、約1週間後に約20%で発現し、初期化が始まったが、うち75%は元の皮膚細胞に逆戻りした。一方、4因子にLin28を加えると、逆戻りするのは50%以下だった。高橋講師は「体細胞に逆戻りするメカニズムを突き止めたい。Lin28以外にも逆戻りを抑える因子があるのではないか」と話している。

また、タカラバイオ社に創薬実験用のiPS細胞の作成委託をすると、約3~4ヶ月かかると耳にしました。現在、申請が出されている加齢黄斑変性の臨床研究用のiPS細胞の培養期間も約8ヶ月を予定しているそうです。一見、最近のメディアの報道から再生医療による疾病治療が身近になりそうな印象を受けますが、上記のニュースにも報道されているように、iPS細胞の実用化には、まだまだ課題は多いようです。
再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top