iPS初期化の阻害因子、分化誘導を促進-京大が解明

iPS初期化の阻害因子、分化誘導を促進-京大が解明

出所:2013-04-02

京都大学iPS細胞研究所の升井伸治講師らの研究グループは、iPS細胞(万能細胞)への初期化を阻害する因子が分化誘導を促進することを明らかにした。今回開発した初期化過程での遺伝子の働きを評価する手法を用いることで、さまざまな分化誘導法の開発につながると期待される。

 

研究グループは神経細胞に特徴的な転写因子を挙げ、それらを過剰発現させた。その中からiPS細胞に初期化すると効率が悪くなる因子を「コア因子」として同定した。この因子を肝臓細胞などに導入したところ、神経細胞に誘導できたという。

 

この手法でiPS細胞の初期化を阻害する6因子を同定し、マウス胎児の繊維芽細胞や肝臓細胞などに導入したところ、細胞の形態は神経細胞に似た細胞に変化した。そのうえで、「山中4因子」で初期化される細胞でも、その細胞に特異的な遺伝子を過剰発現させると細胞の初期化が阻害されることが分かった。

 

2013年4月2日 日刊工業新聞

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top