iPS由来の細胞選別、種類別に正しく 京大が新手法

iPS由来の細胞選別、種類別に正しく 京大が新手法

出所:2015-05-22 日本経済新聞

京都大学iPS細胞研究所の斉藤博英教授らは、iPS細胞から作った心筋細胞や肝臓細胞などを種類別に正しく選別する手法を開発した。RNA(リボ核酸)と呼ぶ物質を作用させて、目的の細胞だけが生き残るようにした。必要な細胞だけを移植すれば腫瘍ができにくく、安全性が高まる。iPS細胞を使う再生医療の実現を後押しする。

記事の全文はコチラ

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top