iPS細胞から臓器 4年後に世界初の臨床研究 立体的に作製、移植し再生

iPS細胞から臓器 4年後に世界初の臨床研究 立体的に作製、移植し再生

出所:2015-05-04 産経ニュース

人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って立体的な臓器を作る研究が加速している。万能細胞による再生医療は網膜など細胞レベルでの研究が中心だったが、最近は肝臓や腎臓などを立体的に作製する手法が登場。横浜市立大は立体臓器を世界で初めて移植する臨床研究を2019年度に開始する計画だ。

記事の全文はコチラ

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top