iPS細胞でパーキンソン病治療 京大が審査委設置へ

iPS細胞でパーキンソン病治療 京大が審査委設置へ

出所:2015-05-27 朝日新聞

厚生労働省は25日、京都大が再生医療の安全性などを審査する委員会を設けることを認めた。京大iPS細胞研究所の高橋淳教授らは、iPS細胞を使ったパーキンソン病の治療を目指した臨床研究を計画しており、6月にもこの委員会に審査を申請する。

記事の全文はコチラ

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top