iPS細胞移植、自前なら拒絶リスク減少 京大など確認

iPS細胞移植、自前なら拒絶リスク減少 京大など確認

【鍛治信太郎】自前のiPS細胞からつくった神経を脳に移植すれば拒絶反応はほとんど起きないことを京都大などのグループがサルで確かめた。一昨年、米国でマウスのiPS細胞を遺伝的に同じマウスに移植すると拒絶反応が起きたと報告があり、iPS細胞の安全性が議論になっていたが、他者間での移植よりは有利であることを裏付けた。

 京都大iPS細胞研究所(CiRA)の高橋淳教授らは、パーキンソン病で減る神経の細胞をiPS細胞でつくり、患者の脳に移植する治療法の臨床試験を目指している。

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top