J―TEC、再生医療製品の新規開発を加速?自家培養軟骨「ジャック」の適応症拡大

J―TEC、再生医療製品の新規開発を加速?自家培養軟骨「ジャック」の適応症拡大

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J―TEC)は、再生医療製品の新規開発を進める。患者本人の軟骨組織を元にする自家培養軟骨「ジャック」について、現在は膝(しつ)関節向けだけの適応症を別の関節向けにも拡大、2016年3月期中には治験を始めたい考え。並行し、現在の製造販売承認の条件である欠損面積の緩和も求める。また、適応症は未定だが、他人の細胞組織を元にする他家(同種)培養製品も16年3月期中には治験を始めたい考えだ。

記事の全文はコチラ

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top