iPSとSTAPの研究、どのように進めるのか、国の方針を明確にすべきでは?

ハーバードの研究チームが、2011年からサルで脊髄損傷の研究をしていることが判明した。しかも、同大医学部の小島宏司医師によると、脊髄損傷で足や尾が動かなくなったサルの細胞を採取し、STAP細胞を作製、これをサルの背中に移植したところ、 サルが足や尾を動かせるようになったという報道もある(読売新聞 1月30日(木)) 。

脊髄損傷患者は、国内で年間約5000人も増え続けている。バイク事故や転落事故などによって若い患者も少なくない。彼らの生きる希望の一つは、また再び自分の足で歩きたい、自分の手で食事をしたい、という健常者ではごく当たり前のことであろう。究極的に言えば、患者からすれば治療法がハーバード大学だろうが、慶応大学だろうが、どちらでも良いと思う。但し、日本の国としては、政府の方針により再生医療を国の基幹産業の一つとすることを狙っているので、それほど簡単な話ではない。

STAP細胞使い、サルで実験 米チーム、脊髄損傷に

出所:2014-01-30 共同通信

細胞に刺激を与えることで、さまざまな種類の細胞に変化できる能力を持たせた新しい万能細胞「STAP細胞」を使い、米ハーバード大のチームが脊髄損傷のサルを治療する研究を始めていることが30日、分かった。人間の細胞を使った作製も研究しているという。マウスの細胞で世界初の作製を報告した30日付英科学誌の論文を理化学研究所チームと共同で執筆したハーバード大のチャールズ・バカンティ教授が共同通信の取材に答えた。人工的に脊髄を損傷してまひを起こさせた複数のサルからSTAP細胞を作製し、移植に利用する実験を2011年から始めているという。

どこの国も同様であると思うが、限られた研究予算をどのように割り振るかは、まさに国の舵取りの腕の見せどころである。民間投資の研究費も大きいアメリカでは、iPS細胞への投資金額と同等の規模の資金を集めやすいので、と今回のSTAP細胞の発明は、より有利に働くかもしれない。我が国が、限られた予算をどのように配分するのか/どのような意思決定を下すかについて推移を注意深く見守っていきたい。STAP細胞の発明は、国の骨太の政策の一つである再生医療において、日本のビジネス感覚や実力を見極める良いチャンスともいえよう。
再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top