愛媛大学が、国立大学で初となる「羊膜バンク」を設立

愛媛大学が、国立大学で初となる「羊膜バンク」を設立

出所:2016-07-13 愛媛大学

愛媛大学医学部附属病院は、平成27年8月29日に日本組織移植学会から羊膜取扱い施設(カテゴリーⅠ)として認定を受け、この度、国立大学で初となる「羊膜バンク」を設立しました。これにより、本院は、今後、再生医療の拠点としての役割を担うことになります。

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top