サンバイオ カリフォルニア州で2000万ドルの補助金を受領

サンバイオ社は、慢性期脳梗塞(こうそく)を対象とした再生細胞薬「SB623」のフェーズI/IIa臨床試験の成果が認められ、カリフォルニア州の再生医療機構(CIRM)から、2000万ドル(約22億4000万円)の補助金を受領したと発表した。腕や足などの運動機能障害を抱え、脳梗塞発症後2年が経過した慢性期の脳梗塞患者に対し、SB623を投与したところ、上がらなかった腕が上がったり、車椅子から自力歩行できるようになるなど、運動機能の有意な改善が見られ、今回、CIRMから最高ランクの評価を受けて補助金を獲得した。

Concerning Milestones for Receiving Grant from California Institute of Regenerative Medicine

SanBio Co., Ltd. (Headquarters: Chuo-ku, Tokyo, Representative Director and President: Keita Mori,hereafter “the Company”) announced on June 30, 2017 that the Company and its subsidiary, SanBio,Inc. have been awarded a $20 million grant in total from the California Institute of Regenerative Medicine (CIRM) in support of its Phase 2b clinical trial of the regenerative cell medicine SB623 for the treatment of chronic stroke conducted in the U.S.

同社は、今回の脳梗塞のほか、加齢黄斑変性や網膜色素変性、パーキンソン病、脊髄損傷、アルツハイマー病など、従来の医療・医薬品では治療できなかった中枢神経系の重症疾病に対して集中的に投資しており、今後も計画されている同社の臨床研究に期待が集まっている。

日本語版プレスリリースは、コチラ
 
再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top