海外ニュース のトピック

2017/09/13
A 3D magnetic tissue stretcher for remote mechanical control of embryonic stem cell differentiation

The ability to create a 3D tissue structure from individual cells and then to stimulate it at will is a major […]

2017/09/11
Dopamine oxidation mediates mitochondrial and lysosomal dysfunction in Parkinson’s disease

Mitochondrial and lysosomal dysfunction have been implicated in substantia nigra dopaminergic neurodegeneratio […]

2017/09/08
Green Cross Cell, Maryland to cooperate for US business

Green Cross Cell, a cell treatment company, announced Wednesday that it has signed a memorandum of understandi […]

2017/08/28
FDA 再生医療などの新技術の規制強化

FDA(米国食品医薬品局)は、細胞療法や再生医療における新技術に対する規制を強化する声明を発表した。現在これらの技術の大半は開発の初期段階にあり、治療法がない(少ない)難治性の疾病に対する研究が進められている。一方で、証 […]

2015/05/20
中国、ロボット・バイオなど10分野に重点 製造業10年計画

中国政府は19日、製造業の高度化をめざす今後10年の行動計画「中国製造2025」を発表した。情報技術やロボット、バイオなど10分野を重点産業に指定し、金融や税財政の仕組みを使って集中的に支援する。安い労働力を大量に投じて […]

2015/05/15
日本の再生医療の迅速承認へ一歩近づく=プルリステム〔GNW〕

胎盤組織に由来する細胞治療製品の大手企業プルリステム・セラピューティクスは、治験薬PLX-PAD細胞療法剤の品質および量産化の方法案について、日本の独立行政法人・医薬品医療機器総合機構(PMDA)から合意を得たと発表した […]

2015/04/28
ファーマバイオ、豪州セル・セラピーズと再生医療で提携―加工から物流まで一貫提供

ファーマバイオは、豪州のセル・セラピーズ(メルボルン市)と細胞・組織由来の医薬品分野で業務提携する。アジア・オセアニア地域で相互に加工から物流までのサービスを一貫して提供し、海外で認可された再生医療関連製品の日本での承認 […]

2014/12/12
先端技術とルール(中)再生医療──ジレンマ 追い風と旧弊のはざまで

世界の再生医療企業の目が日本に向いている。11月に医薬品医療機器法(旧薬事法)と再生医療等安全性確保法が同時に施行され、ビジネス拡大への期待が高まっているからだ。米ナスダック上場のバイオ企業、プルリステム・セラピューティ […]

2014/01/31
680万円で永遠の若さを:イギリスの「iPS細胞サービス」

「永遠の若さ」は、いくらで買えるのだろうか? 正確に答えるとすれば、4万ポンド(約677万円)だ。 このような大金が簡単に用意できる人たちは、数十年後に必要になったときの場合に備え、自らの健康な細胞を冷凍保存しておくこと […]

2014/01/20
日本発の軟骨再生医療、タイで臨床試験を開始へ、合弁設立し承認取得も視野

日本で開発された再生医療技術の臨床試験が、1、2カ月以内にタイで開始されそうだ。 詳しくはコチラ

2014/01/13
iPS細胞:作製で染色体異常を修復 移植治療応用に期待

山中伸弥京都大教授が参加する米グラッドストーン研究所(サンフランシスコ)などの研究グループは12日、染色体異常の一種「リング染色体」を持つ患者からiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作製したところ、染色体異常が自己修復される […]

2013/12/29
阪大がカタールに再生医療拠点…来月、協定締結

大阪大は、中東カタールに再生医療の拠点を構築することを決め、来月末、現地の病院関係者と人材交流などに関する協定を締結する。心臓病や角膜の病気を最先端技術の細胞シートを使って治療するもので、中東における日本発の医療技術移転 […]

2013/12/25
再生医療ビジネス、中東進出 阪大 心筋や軟骨再生

大阪大学が、得意にしている再生医療のビジネス化を中東で始める。手始めに来月、カタールの患者を受け入れるほか、医療施設の建設にも協力。大学が医療技術を「事業」として提供し指導料を得る新たな試みだ。オイルマネーで活気づく中東 […]

2013/12/20
がん免疫療法がトップ=10大成果、ミニ臓器作成も—米科学誌

米科学誌サイエンスは20日付の誌面で、恒例の「今年の10大成果」を発表し、免疫細胞にがん細胞を攻撃させる「がん免疫療法」の進歩をトップに挙げた。 同誌はまた、人工多能性幹細胞(iPS)や胚性幹細胞(ES細胞)から十分な機 […]

2013/12/19
来年の注目は「iPS臨床」 英科学誌ネイチャー、理研の高橋氏選ぶ

英科学誌ネイチャーは「来年注目の5人」に、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、目の網膜を再生する臨床研究を進めている理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の高橋政代プロジェクトリーダーを選んだ。19日付の […]

2013/12/17
iPS細胞が初めて肺組織に

12月2日に『Nature Biotechnology』紙上で発表された発見の臨床応用には、まだ時間がかかる。しかし、コロンビア大学医療センター(CUMC)の研究者たちの研究の目標は、ヒト幹細胞を呼吸器の組織に変化させて […]

2013/11/14
山中伸弥教授:ローマ法王庁科学アカデミー会員に

京都大iPS細胞研究所は、所長の山中伸弥教授がローマ法王庁科学アカデミー会員に任命されたことを明らかにした。山中教授は「光栄に思う。今後も科学の発展に貢献すべく身を引き締めて研究活動を行いたい」とコメントした。 同アカデ […]

2013/11/11
韓国、再生医療研究で世界の先頭 日本と連携へ

韓国は再生医療研究で世界の先頭グループの一角を占める。臨床試験は30件を超え、製造販売中の再生医療製品も10品目を超えているという。ES細胞や、特定の組織に成長できる体性幹細胞を使う臨床試験も重視している。知見の蓄積があ […]

2013/09/13
(テスト)ダミー投稿:糖尿病が治るようになりました。

メルマガを受信した皆様へ 2015年4月25日(土)深夜0時前後に、本来配信すべきでない テスト用ニュースに関するメールが配信されるという事象が発生いたしました。 関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫 […]

2013/09/12
生きたマウスの体内でiPS細胞の作製に成功、スペイン

生きたマウス体内の体細胞を再プログラム化し、万能性を持つ細胞とすることに成功したと、スペインの研究者らが11日の英科学誌ネイチャー(Nature)の電子版で発表した。幹細胞を用いた組織再生治療という目標にまた一歩近づいた […]

1 / 212
再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top