加齢黄斑変性 のトピック

2017/03/29
他人のiPS、目の難病で移植 再生医療の本命

理化学研究所などは28日、他人から作って備蓄しておいたiPS細胞を使う再生医療の臨床研究を実施した。目の難病患者に、iPS細胞から育てた網膜の細胞を移植した。患者本人のiPS細胞を使った1例目より準備期間を短くできた。費 […]

2015/05/21
2015/05/14
iPS細胞の医療応用 2030年までの新目標

京都大学iPS細胞研究所(CiRA=サイラ)は、2010年4月に開設され、現在、約30の研究チームがそれぞれ協力し、iPS細胞の基礎研究に取り組むと同時に、医療応用を目指した研究を行っています。また、iPS細胞を取り巻く […]

2015/05/13
新日科学やテラなど再生医療関連株が上昇、「ヘリオス」のIPOで見直し買い

新日本科学やテラなど再生医療関連株が上伸。12日にバイオ関連の創薬ベンチャー、ヘリオスが東証マザーズへの株式上場(IPO)の承認を受けたことから、iPS細胞に絡む再生医療関連株が再評価されている。ヘリオスはiPS細胞を用 […]

2015/05/04
「商業主義が行きすぎたか」STAP騒動は「ネイチャー」にも問題…日本のトップ3が明かした …

人工多能性幹細胞(iPS細胞)による再生医療をはじめ、目覚ましい発展を続ける日本の医学・医療。昨年には世界初となるiPS細胞の臨床研究で実際の移植手術が行われるなど、未来の医療は現実になりつつある。一方、近年はSTAP細 […]

2015/04/30
医療用iPSを秋にも提供…京大研究所

京都大iPS細胞研究所は28日、患者本人以外の人から作製し、保存している医療用のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を、今秋にも医療機関などに提供できる見通しが立ったと発表した。  患者本人の細胞から作る手間やコストの削減につ […]

2015/04/29
京都大学iPS細胞研究所、今秋めどにiPS細胞ストックを理研などに提供

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)は28日、再生医療で使うiPS細胞(人工多能性幹細胞)の臨床研究用ストックを、2015年秋をめどに理化学研究所や慶応義塾大学、大阪大学などに提供する方針を示した。CiRAでiPS細胞の […]

2015/04/29
京大研究所 iPS細胞を秋にも配付へ

京都大学iPS細胞研究所は、拒絶反応が起きにくい特殊なiPS細胞をこの秋をめどに希望する大学病院などに配付し、再生医療の臨床研究に役立ててもらうことになりました。 記事の全文はコチラ

2015/04/28
日本人に合うiPSを備蓄 京大、今秋から提供

京都大学iPS細胞研究所(所長・山中伸弥教授)は28日、再生医療で使う治療用のiPS細胞を備蓄し、今秋から提供を始めると発表した。日本人で拒絶反応を起こしにくいiPS細胞をつくり、病気やケガの時の移植に備える。3年以内に […]

2014/01/10
山中教授「iPS治療に期待」京大・英大シンポ

京都大と英ブリストル大の共同シンポジウムが9日、左京区の京大百周年時計台記念館で始まり、山中伸弥教授が基調講演に臨んだ。急速に研究が進むiPS細胞(人工多能性幹細胞)について、山中教授は「医療への応用を実現することがゴー […]

2014/01/01
大日本住友製薬 神戸で自社研究棟を検討

大日本住友製薬(大阪市)は、神戸・ポートアイランド2期の医療産業都市に設ける再生医療や細胞医薬品の研究拠点について、自社施設の建設を視野に3~5年先の拡充を検討していることを明らかにした。同社は神戸への投資を活発化させて […]

2013/12/29
阪大がカタールに再生医療拠点…来月、協定締結

大阪大は、中東カタールに再生医療の拠点を構築することを決め、来月末、現地の病院関係者と人材交流などに関する協定を締結する。心臓病や角膜の病気を最先端技術の細胞シートを使って治療するもので、中東における日本発の医療技術移転 […]

2013/12/25
渋谷工が反発、再生医療テーマに上放れの機

渋谷工業が反発。株価は1600円台でのもみ合いが続いているが、足もとは5日・25日移動平均線を絡めて収れんする格好で煮詰まっており、再びボラティリティが高まる可能性がある。来年度から5年間にわたり、政府による医療や素材な […]

2013/12/19
来年の注目は「iPS臨床」 英科学誌ネイチャー、理研の高橋氏選ぶ

英科学誌ネイチャーは「来年注目の5人」に、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、目の網膜を再生する臨床研究を進めている理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の高橋政代プロジェクトリーダーを選んだ。19日付の […]

2013/12/14
バイオベンチャー再活性化 新法追い風、早期承認も可能に

再生医療新法が11月20日に成立したことを受け、再生医療分野のバイオベンチャーが攻めの事業展開を志向し始めた。2000年前後に設立が相次いだバイオベンチャーだが、研究投資が重荷となり、多くが業績不振に陥った。新法成立で再 […]

2013/12/09
再生医療の実用化研究が本格化

大日本住友製薬はバイオベンチャーと共同で、iPS細胞を使った目の病気を治療する医薬品の開発に乗り出すことになり、大手製薬メーカーの間で再生医療の実用化を目指す動きが本格化しています。製薬大手の大日本住友製薬と東京のバイオ […]

2013/12/05
テラとヘリオスと業務提携に関する基本合意書を締結、iPS細胞でのがん免疫細胞療法の開発目指す

バイオベンチャーのテラは5日、独立行政法人理化学研究所認定のベンチャー企業であるヘリオスと、業務提携に関する基本合意書を締結した。テラは日本初の免疫細胞医薬品(がん治療用の再生医療等薬品)の承認を目指しており、世界初のi […]

2013/12/02
18年発売目指し再生医療製品の共同開発契約

大日本住友製薬とベンチャー「ヘリオス」(旧・日本網膜研究所)は2日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った再生医療製品の共同開発契約を結んだと発表した。来年2月に製品の製造・販売を担う合弁会社を設立する予定。早ければ20 […]

2013/11/05
「臨床参加の患者は選定中」iPS細胞で網膜再生に取り組む高橋氏

世界で初めて人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、目の難病患者の網膜を再生する臨床研究を進める理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の高橋政代プロジェクトリーダーは5日、神戸市内で開かれた関西プレスクラブの […]

2013/09/12
理研・高橋氏、iPS臨床研究の計画説明‐15年に他家で医師主導治験も

理化学研究所発生・再生科学総合研究センターで網膜再生医療研究開発プロジェクトのリーダーを務める高橋政代氏は5日、都内で講演し、日本で初めてとなるiPS細胞を用いた臨床研究の取り組みを紹介した。8月から加齢黄斑変性(AMD […]

1 / 212
再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top