新着トピック

一覧を見る

2017/12/06
iPS細胞を用いた立体組織開発の課題と現状 「iPS細胞からミニ肝臓を大量製造 再生医療実現に道 (日経新聞社)」

横浜市立大学の武部貴則准教授と谷口英樹教授らは、ヒトのiPS細胞から肝臓の機能を持った小さな組織「ミニ肝臓」を大量に作れる手法を開発した。従来の100倍以上となる約2万個のミニ肝臓を1枚の容器の中で作製できる。肝臓病の患 […]

2017/11/29
iPS細胞を使いチャージ症候群の病態メカニズムを解明|慶大 「CHARGE 症候群| iPS 細胞技術により病態解明 (慶応大学プレスリリース)」

慶應義塾大学医学部生理学教室の岡野栄之教授、奥野博庸助教らを中心とする研究グループは、生まれつき感覚器の障害をもつ CHARGE 症候群の症状が、胎生期の神経堤細胞の遊走障害(細胞の動く速度が遅いこと)が要因となって、障 […]

2017/11/25
再生医療の国内市場規模は、1.1兆円?1,100億円? 「再生医療市場の最新動向と将来性 (株式会社富士経済プレスリリース)」

株式会社富士経済は、研究だけでなく治療での活用も広がりをみせるティッシュエンジニアリング関連市場を調査し、その結果を報告書「ティッシュエンジニアリング関連市場の最新動向と将来性 2017」にまとめた。この報告書では、再生 […]

2017/11/24
iPS細胞から完全な腎臓組織を作製|ヒトへの臨床応用に向けて大きく前進 「慈恵医大、ラットで腎臓作製 臨床応用に道 (慈恵医大、ラットで腎臓作製 臨床応用に道)」

東京慈恵会医科大学の横尾隆教授らは腎臓のもととなる細胞から、尿を作る機能を持つ腎臓を作製する技術を開発した。ラットの腎臓になる前駆細胞をマウス胎児に注入するとともに、マウスの前駆細胞を薬剤で除去する工夫を加えた。将来は腎 […]

2017/11/19
京大「肺胞」を効率よく作成する再生医療の新技術を開発 「京大、iPSから肺組織 効率よく作製 (日経新聞社)」

京都大学 後藤慎平特定准教授らは、ヒトのiPS細胞から微小な肺の組織「肺胞」を効率よく作る技術を開発した。iPS細胞に特定のたんぱく質などを加えて成長させる。肺を狙った新薬の開発や再生医療に役立つ可能性がある。

再生医療とiPS細胞の医療情報/ニュースサイト「エヌオピ」Copyright© 2010 アクウェスト株式会社. All Rights Reserved.
Top